世の中は現在コロちゃんで自粛中。

僕のまだまだ未熟な人生の中でもこんなことは初めてである。批判を承知で言えば、僕は普段テレビは見ないし、GoogleのDiscoveryかyahooニュースをチラ見するくらいなので、メディアのコロちゃん煽りを感じることもないし、コロちゃんに対して必要以上には怯えていない。むしろ、ポジティブにとらえている。あくまで個人レベルの話として。

さて、今日はタイトル通り、自粛について。

自粛とは、自分から進んで、行いや態度を改めて、つつしむこと。

とある。

僕の好きな言葉であり、日ごろから心がけていることとして自律がある。僕の中でこの言葉は自分を律する、自分をコントロールする意味としてとらえている。

つまり、僕にとっては自粛も自律も近しい意味だ。自分を律するとは、自らの意思で行動を変えたりすること。

以前ダイエットをしていたときに、食べたいものを我慢する、これを一年ほどやったのだが、まさにこれも自粛ではないのだろうか。

好きなことを好きなようにできる。のが今の世の中の潮流であるが、私は好きなことを自分の意思で選択できる、という意味にとらえている。

つまり、好きなように、という言葉は勝手気ままに好き放題やるのではなく、痛みも伴うものなのだ。決して楽なことではない。ただそれは未来に向けた痛みだ。

こうなりたいという明日への希望を目指すために今痛みを感じても自分を律すること。

コロちゃんの自粛も同じではないのだろうか。

安全に安心して人間がまた外で活動できるようになるという未来のために、今痛みがあろうとも自分を律すること。それが自粛だと僕は思う。

未来は変わる、変えられる。

今何をするか、何をしないか、は自分で決められる。その今の重なりが未来を創る。僕たち人間一人ひとりが日本の未来を創るのだと強い覚悟を持ち自粛をすれば日本の未来は明るい。

投稿者について

二人の子供が玉遊びしている川のほとりにある会社の社長です。法律業界で社会のルールを学び、IT業界へ転身しました。世界一幸せな企業を創るために毎日精進しています。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です